少女漫画三人展|下関TV

shimonoseki.tv
下関市、歴史と海峡の街の旅の情報サイト、下関TV

少女漫画3人展

skin01.png

Infomation

 現在マンガは、日本の代表的なポピュラーカルチャーのひとつとして世界に知られています。その質の高さや表現の多様性は、世界のマンガシーンをリードしているといえるでしょう。いまやマンガは、確実な表現分野として論じられる存在にまでなっています。特に近年、少女マンガの表現の多彩さと斬新さがあらためて見直されています。本展では、少女マンガの第一線で活躍する3人の作家、下関出身の水野英子、青池保子、下関在住の文月今日子の作品世界を紹介します。すでに3人の活躍ぶりは歴然としていますが、中でも水野英子は少女マンガの草分け的存在として、その後の作家たちに大きな影響を与えました。それぞれの特色ある作品の魅力に触れ、作者の製作の息吹を身近に感じることができる機会は、マンガファンの関心を集めるだけでなく、若い世代の表現意欲を刺激し鼓舞することにもなるでしょう。3人の代表作の原画及び原画’(ダッシュ=校正の跡や鉛筆の消し線まで再現した原画に匹敵する精巧な複製)、イラスト作品のほか、作品掲載誌などの関連資料、あわせて200点以上を展示します。

水野英子ー下関から伝説のトキワ荘へ。少女マンガのパイオニア。ーくわしくはこちら
青池保子ー溢れる感性と進取の眼で、少女マンガの新境地を開く。ーくわしくはこちら
文月今日子ー確かな画力と表現力で常に第一線で作品を発表。ーくわしくはこちら
水野英子
青池保子
文月今日子