海峡展望チューリップ公園


ここの花壇のチューリップは,トルコ共和国イスタンブル市から下関市に姉妹都市締結35周年記念として寄贈を受けたものです。

 

IMG_1115.JPG

チューリップの生まれ故郷は,中央アジアから地中海沿岸地帯でこの一帯に原生地が広がっています。

栽培されたのはトルコ(現在のトルコ共和国)が最初です。

16世紀後半になってトルコに駐在したオーストリアの大使によってヨーロッパにこの花が伝わりました。




この伝来のときにあやまってチュルパン(ターバン)と伝わったために現在のチューリップと言う名が生まれました。

日本には1861年にオランダから伝わりました。

 

IMG_1120.JPG

現在トルコ共和国の国花はチューリップです。

タイルや花瓶、お皿などにもチューリップのデザインは盛んに使われています。

 

IMG_1122.JPG

この海峡が見える場所は、アジアとヨーロッパを隔てるイスタンブールのボスポラス海峡に非常によく似ており見間違うほどです。

 

IMG_1140.JPG

寄贈を受けたチューリップ球根5万球を市民ボランティアの手により,火の山公園山麓の斜面に1万5千株のビオラと共に植え付け、ボスポラス海峡とイスタンブール市街をデザインして,4月3日午前10時より開園いたしました。

IMG_1142.JPG

 所在地  下関市みもすそ川町7-14

 交通   JR下関駅からバス15分「火の山ロープウェイ」下車すぐ

      下関 I.Cから車15分(山頂に立体駐車場があります)

 問い合わせ 下関市観光施設課 083-231-1838

          立体駐車場 083-223-8339