重要文化財(旧国宝)厚母大仏

 下関市豊浦町厚母安養寺に安置されている大仏は旧国宝であって、右手は手の平を前にして屈し胸、左手は手の平を上にしてひざにおき、両手とも第一指と第二指の先を接して「上品下生(じょうぼんげしょう)」という印を結んでいる木造阿弥陀如来坐像です。

像の高さは八尺八寸八分(296.1センチメートル)の丈六仏(じょうろくぶつ)です。

丈六の仏像とは、一丈六尺の仏像のこと、坐像の場合はその半分八尺の仏像です。

IMG_0783.JPG

 この大仏は由縁(ゆえん)において詳細を欠くが、伝えるところによると聖武天皇の天平十三年(741)に国状不安を鎮撫(ちんぶ)するために、国毎に国分寺(こくぶんじ)とともに、国分尼寺(こくぶんにじ、こくぶにじ)が建立された。

正式名称は国分寺が金光明四天王護国之寺(こんこうみょうしてんのうごこくのてら)、国分尼寺が法華滅罪之寺(ほっけめつざいのてら)であった。

 長門は、古くは穴門(あなと)と呼ばれ、穴戸と書くこともあった。

穴門とは海峡 (関門海峡)を指しており、日本神話にも「穴戸神」の名が見える。

穴門国造(くにのみやつこ)の領域と、阿武国造(くにのみやつこ)の領域をあわせて、7世紀に穴戸国が設置され、7世紀後半に長門国に改称した。

 国府は豊浦郡にあって、現在の下関市長府宮ノ内町の忌宮神社の近辺と推定されるが、遺跡はまだ見つかっていない。

国分寺は、長門の国府(長府)のそばに置かれ、国庁とともにその国の最大の建築物であったものとおもわれる。

IMG_0109-2.JPG

 この国分寺境内には四十九院の寺々があって、「国分寺古跡由来書」によると、その中で安養寺及び極楽寺を以て長門国中の諸末寺に主君・官府などの裁定。指図。指示。また、それを伝えた。

「豊府志略」の国分寺の条に境内西方の安養寺を以て奥の院とす。とあるから国分尼寺の奥の院であった。

国分尼寺は光明皇后の発願によって創建されたものであるが、その後律令体制が弛緩(しかん)し、官による財政支持がなくなると、衰頽(すいたい)して廃寺となった。

 長府功山寺の開基基智門寺殿功山玄誉大居士(法名)が安養寺の寺号を厚母に遷(うつ)し小刹(さつ)を再建された。

(慶安三年 (1650)十月三日毛利秀元死亡 法号「智門寺殿功山玄誉大居士」以後世々毛利家の香華寺となり、功山寺と改称。)

IMG_0785.JPG

 この大仏は、国分寺の奥の院、安養寺の本尊であったが廃絶したため吉母の東向坊(安養寺の末寺)に遷(うつ)され、そのあと東向坊も廃絶して、一時露座(ろざ)仏となっていた。

 この大仏は本那六大仏の一つであって坂上田村麿の祈念(胎内背に田村将軍祷念佛の墨書銘文あり。)であり、名匠春日の作と伝えている。

坂上田村麻呂 (従四位下)は、延暦十五年(796)十月二十七日鎮守将軍を兼ねているから、国家鎮護のために要衝(ようしょう)の地に大刹(さつ)を選び大仏を安置したものであろう。

 その後蒙古が頻りに長門の海辺を窺うにあたり鎌倉幕府は北浦海岸の防備を固めると共に国分寺内四十九院の寺々で外敵降伏国土安穏の祈祷が行われた。

その当時までは安養寺は長府の国分寺境内奥の院であったものである。

東向坊に遷(うつ)された年代は不明である。

 昭和四年(1929)四月官報発表文部省告示第一七九号を以て国宝に指定され、

同十年(1935)四月に修理が行われた。

IMG_0784.JPG

境内地の解説掲示を記す

国指定重要文化財

厚母大仏(木造阿弥陀如来坐像)

昭和二十五年(1950)八月二十五日指定

    豊浦町厚母郷 宗教法人 安養寺 所蔵

 厚母大仏は、昭和四年(1929)に文部省告示で国宝に指定され、昭和二十五年(1950)、文化財保護法の施行により重要文化財に指定された。

  像高八尺八寸八分(296.1センチ)のいわゆる丈六仏(丈六、半丈六の仏像とは、各一丈六尺又は八尺の仏像のことである 。坐像の場合はその半分即ち八尺或は四尺の仏像が夫々丈六或は半丈六である。)で、近郷では「厚母の大仏」「安養寺の黒仏」と称されている。

 内りを施した楠材の寄木造りで、現在は古色塗りを施す上品下生の印(親指と人さし指で輪を作る。右手が胸、左手ひざ。)を結ぶ通形の如来坐像である。

この特徴の一つに膝張りと膝高との関係がある。

古像ほど膝が高く、膝高を一とすれば、膝張り五であるが、時代が下がると膝高が低くなる。

木像の膝張り( 226.3cm)と膝高(41.8cm)の割合は、膝張りに対し膝が低くなっている。

これは大仏であるために下から仰ぐと、頭と膝の均合いがくずれてしまい、頭がより小さく映ることを防ぐ工夫である。

 藤原末期の造像で破損は少なく、当代有数の様式を具えた技巧は素晴らしい。

一丈に近い巨像にまとめあげて、相好堂々、大作としてこの地方に雄視するものである。

IMG_0775.JPG

大仏殿

 大仏殿は、文化庁、山口県、下関市の補助事業として新築した。

この建物は、この地域に残る土塀や土壁のある風景と一体となるように設計した。

そのため外壁には地元の土を固めた約千五百個もの版築ブロックを積み上げるという日本初の工法を採用した。

その外観はあたかもこの地域に多くある土壁の蔵を彷彿とさせている。

構造 鉄筋コンクリート・一部鉄骨造り平屋建て

竣工 平成十四年(2002)十月三十日

遷座 平成十五年(2003)十一月十四日

設計管理 (株)隈研吾建築都市設計事務所(東京都)

左官監督 久住章(兵庫県西宮市)

施工   (有)岡埼建設(山口県下関市)

     (有)福田左官店(山口県三隅町)

下関市教育委員会



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 所在地  下関市豊浦町厚母郷下郷

 交通   JR山陰本線 梅ヶ峠駅からバス2分「厚母」下車、徒歩3分

      JR山陰本線 梅ヶ峠駅から徒歩15分

      下関 I.Cから車で29分

 問い合わせ 安養寺 083-772-1611

平家の一杯水

 源平最後の合戦、壇ノ浦の戦いが行われたのは寿永四年(1185)三月のこと。

 それより先、平家総帥の平宗盛は、一ノ谷(兵庫県)・屋島(香川県)での合戦で相次いで源氏軍に敗退。

瀬戸内海の西端に位置する長門国彦島(現在の下関市彦島)に陣を敷いていた平知盛の元まで落ち延び、起死回生を賭けた地が、関門海峡だった。

 彦島の平家水軍を撃滅すべく、義経は摂津国の渡辺水軍、伊予国の河野水軍、紀伊国の熊野水軍などを味方につけて840艘(『吾妻鏡』)の水軍を編成する。

平家軍は500艘(『吾妻鏡』)で、松浦党100余艘、山鹿秀遠300余艘、平家一門100余艘(『平家物語』)の編成であった。

宗盛の弟の知盛が大将として指揮を取ることになった。

『平家物語』によれば、知盛は通常は安徳天皇や平家本営が置かれる大型の唐船に兵を潜ませて、鎌倉方の兵船を引き寄せたところを包囲する作戦を立てていた。

源氏軍が現れたという知らせが入るや、平知盛は門司にしつらえた仮御所から数え年8歳の安徳天皇や平家全員を船に乗せ、海峡へ。戦船は両軍合わせておよそ千数百隻。

IMG_0678.JPG

 海峡の赤間関で源平が失合(やあわせ=開戦)することになった日時を、『平家物語』は元暦(げんりゃく)二年(1185)三月二十四日とし、攻め寄せる義経軍水軍に対して、知盛率いる平家軍が彦島を出撃して、平家は新中納言平知盛を総大将に、およそ五百余艘が赤間関の対岸、豊前国田ノ浦に陣取り、

源氏は九郎判官義経を大将に、武将たちを乗せた舟、およそ八百余艘は、満珠・干珠の沖合いに、 


 午の刻(12時ごろ)(『玉葉』による。)、戦いが始まった。両軍とも、できるだけ潮流に左右されずに操船できる時間帯を選んだのであろう。

両軍は静かに船を進め源氏の白旗、平家の赤旗は、しだいに近づく。 やがて源平両軍の船は、その距離三十余町をへだてて相対し、平家の大将平知盛は大音声をはりあげて全軍を激励した。

両軍の舟から一斉に矢が飛びかい矢にあたって海に落ちる者、舟を近づけ熊手を使ってひっかき落とす者、白旗、赤旗入り乱れての激戦。

 範頼軍は三万余騎(『源平盛衰記』による。)をもって陸地に布陣して平家の退路を塞ぎ、岸から遠矢を射かけて義経軍を支援した。

『平家物語』によれば和田義盛は馬に乗り渚から沖に向けて遠矢を二町、三町も射かけたという。

 関門海峡は潮の流れの変化が激しく、平家軍はこれを熟知しており、早い潮の流れに乗って平家方は序盤は鎌倉方が静まり返るほど矢を射かけて、海戦に慣れない坂東武者の義経軍を押した。

義経軍は満珠島・干珠島のあたりにまで追いやられ、勢いに乗った平家軍は義経を討ち取ろうと攻めかかる。

0813-1.JPG

ここで不利を悟った義経が敵船の水手(かこ)や梶取(漕ぎ手)を射るよう命じた。

この時代の海戦では非戦闘員の水手・梶取を射ることは戦の作法に反する行為だったが、義経はあえてその掟破りを行い防御装備の貧弱な水手・梶取たちが犠牲となり、平家方の船は身動きが取れなくなった。

 戦いは初めこそ、潮流に乗った平家が互角以上に戦い優勢だったが、射尽すと逆に水上からは義経軍に、陸上からは範頼軍に射かけられるままとなった。

やがて潮の流れが変わって反転すると、義経軍はこの流れに乗ってこの時とばかり、ホラ貝を吹き、鐘を鳴らし、勇気を奮い起こし、勢いを盛り返して反撃にてて、平家軍を押しまくる。

平家軍は壊滅状態になり、勝敗は決した。敗北を悟った平家一門は次々と海上へ身を投じた。


 『平家物語』には平家一門の最後の様子が描かれている。

 知盛は建礼門院や二位ノ尼らの乗る女船に乗り移ると「見苦しいものを取り清め給え、これから珍しい東男を御目にかけましょう」と笑った。

これを聞いた二位ノ尼は死を決意して、幼い安徳天皇を抱き寄せ、宝剣を腰にさし、神璽を抱えた。安徳天皇が「どこへ行くのか」と仰ぎ見れば、二位ノ尼は「弥陀の浄土へ参りましょう。波の下にも都がございます」と答えて、安徳天皇とともに海に身を投じた。

『吾妻鏡』によると二位ノ尼が宝剣と神璽を持って入水、按察の局が安徳天皇を抱いて入水したとある。続いて建礼門院ら平氏一門の女たちも次々と海に身を投げる。

 武将たちも覚悟を定め、教盛は入水、経盛は一旦陸地に上がって出家してから還り海に没した。資盛、有盛、行盛も入水している。

剛の者である教経は、鬼神の如く戦い坂東武者を討ち取りまくるが、知盛が既に勝敗は決したから罪作りなことはするなと伝えた。

IMG_0242.JPG

 教経は、ならば敵の大将の義経を道連れにせんと欲し、義経の船を見つけてこれに乗り移った。教経は小長刀を持って組みかからんと挑むが、義経はゆらりと飛び上がると船から船へと飛び移り八艘彼方へ飛び去ってしまった。義経の「八艘飛び」である。

義経を取り逃がした教経に大力で知られる安芸太郎が討ち取って手柄にしようと同じく大力の者二人と組みかかった。

教経は一人を海に蹴り落とすと、二人を組み抱えたまま海に飛び込んだ。『平家物語』に描かれた平家随一の猛将として知られ屋島の戦い、壇ノ浦の戦いで義経を苦しめた教経の最後だ。

 知盛は「見るべき事は見つ」とつぶやくと、鎧二領を着て乳兄弟(ちきょうだい)の伊賀 平内左衛門家長とともに入水した。

敗戦を覚悟した平家一門は次々と海へ身を投げていった。これは、範頼軍の九州制圧、義経軍の四国制圧、鎌倉方による瀬戸内海制海権の奪取という包囲・孤立化の完成に伴う必然的結末であった。

漕ぎ手 を失った平家の船は進退の自由を失い、混乱しつつ壇之浦に追いつめられて、申の刻(16時ごろ)(『玉葉』による。)平家一門の多くが死ぬか捕らえられ、戦いは源氏の勝利に終わった。

IMG_1017.JPG

 栄華を誇った平家が滅亡に至った治承・寿永の乱の最後の戦いである。

この戦いにより、平氏(伊勢平氏の平清盛一族)は二十五年にわたる平氏政権の幕を閉じた。

勝利を収めた清和源氏の頭領・源頼朝は、鎌倉に幕府を開き武家政権を確立させる。

 平家のある者は傷を受けながらも、ようやく岸にたどり着いた者もいた。

そのうちの一人肩と足に矢を受けて海に落ち、深手を負いながらも命がけで岸 に泳ぎ着いた平家の武将は、ふと前の方を見ると山すその渚にわずかな水溜まりがあった。

 武将はのどの渇きを癒そうと、痛むからだを引きずってやっとの思いで水溜まりに近づき、手のひらにすくい、その水を一口飲んでみると、それはおいしい真水だった。

夢中になってもう一口と、また手のひらにすくい、再び水を口にしたところ、思わず吐き出してしまった。真水は海水にかわっていたのです。

?

後世の人はこれを「平家の一杯水」と呼び今に伝える。

IMG_0234.JPG

 碑の近くの渚に湧き出る清水(火の山からの伏流水)には祠が立てられ、いまも元旦の若水として赤間神宮の神前に供えられます。


 「更に東駆前田に入れば埋没数十年に及びしを本市技師が苦心発掘せし平家一杯水あり。」 と、下関市史(市制施行ー終戦)の観光、昭和時代に記されている。

 国道9号線沿い、海峡グルメ しずか本館の西側に「平家の一杯水」という石碑が建立されています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 所在地  下関市前田町2-1

 交通   JR下関駅からバス15分「前田」下車、徒歩5分

 問い合わせ 下関市観光振興課 083-231-1350

夫婦岩・注連縄張


IMG_1054.JPG

 下関市豊北町二見浦には国道191号を挟んで、山側に夫婦岩・注連縄張りの由来の碑が建立されており、隔てた海の中に夫婦岩があります。

夫婦岩・注連縄張りの由来には次のように記されています。

 伝説によると、二見浦の背後、馬路山に棲む龍が台風で大時化となる日、夫婦岩の間を通り、本郷沖、壁島の龍権社(りゅうごんしゃ)に御詣りされるという。

 この龍伝説のある夫婦岩の注連縄張りの起りは、今より約百五十年前の嘉永年間(1848〜1854)にさかのぼる。

当時、二見浦は沿岸漁業が盛んであり、地元の漁民が豊漁と海での安全を祈願するために両親健在の若者らを選び一月十一日手斧(ちょうな)始めの日、この夫婦岩に注連縄を渡す神事を始めたとされている。

IMG_1052.JPG

それ以来、当地区の年中行事の一つとして定着し、北浦一帯に広く知られ今日に至っている。

 この郷土の誇る勇壮な伝統行事は時代の変遷により多少の変更がなされている。

現代では新春早々の一月二日の夜明けを待って綱打を開始し、褌姿の男衆が若潮で禊をした後、夫婦岩によじ登り、注連縄を張り替える。

岩下では残りの男衆が注連縄を竹ノ棒の間(かん)の又(また)で支え、その張り具合を調整する。

 注連縄張りの作業を無事終えると、男衆は、御神酒で祝杯をあげ、今年一年の豊漁と息災を祈願する。

IMG_1051.JPG

夫婦岩と注連縄の概要

一、 夫婦岩 男岩 五  間(九メートル)

       女岩 三.五間(六メートル)

一、 注連縄 長 さ 打上げ十五間(二十七メートル)

       房の数 平年十二下り・閏年十三下り

       重 量 約五十三貫(二百キロ・ワイヤー入り)

   平成十七年七月吉日

      下関市豊北町二見自治会

 所在地  下関市豊北町二見

 交通   JR山陰本線 長門二見駅から徒歩15分

 問い合わせ 豊北総合支所地域振興課 083-782-1914