高杉晋作の墓

IMG_1261.JPG

 慶応3年(1867)4月14日、明治維新の直前に、下関において結核のため27歳8カ月の短い生涯を閉じました。

 遺骸は遺言によって奇兵隊ゆかりの地、吉田の清水山に土葬されました。

 元治元年(1864)12月15日深夜長府功山寺で力士隊、遊撃隊を率いて挙兵のとき死 を覚悟し、大庭伝七(白石正一の弟)に遺書を送ってこの中で、表に「故奇兵隊開闢総督高杉晋作則 西海一狂生東行之墓 遊撃将軍谷梅之助也」、裏には「毛利家恩古臣高杉某嫡子也」と、墓碑銘も指定していたと言われていますが、晋作の希望はかなえられることなく、表に「東行墓」、裏面には「谷潜蔵 源 春風、号東行、慶応三年丁卯四月十四日病歿赤間関享年二十九」と刻まれています。

 所在地 下関市大字吉田1184

 交通 JR小月駅からバス14分「東行庵入り口」下車、徒歩11分

 問い合わせ 東行記念館 083-284-0211

吉田宰判勘場・御茶屋跡

IMG_0173.JPG

 藩政時代(1600〜1870)、防長二国は18の宰判に分けられ、統治されていました。

吉田宰判はそのひとつで統治区域は吉田、厚狭、末益、松屋、津布田、宇津井、山野井、今浦、伊衛、山中、於福、河原、大嶺に及んでいました。

 宰判を代表して司る者を代官といい、勘場は代官が出張する役所で、建物や土塀が今もなお当 時の名残をとどめています。

 御茶屋は勘場に隣接していて、公儀の役人や参勤交代途中の諸大名の宿泊所となった建物です。

 幕末には、宰判勘場とともに奇兵隊の駐屯所として利用され、隊ではここの隊士を勘場詰め・御茶屋詰めと呼んでいました。

 所在地  下関市大字吉田

 交通   JR小月駅からバス14分「東行庵入口」下車、徒歩5分

 問い合わせ 下関市観光振興課 083-231-1350

奇兵隊陣屋跡

IMG_1404.JPG

 慶応元年(1865)4月に拠点を吉田に移した奇兵隊は、寺院や民家などに分散して駐屯していましたが、小倉戦争終結後の慶応3年(1867)8月吉田諏訪(すわ)の地を開き、陣屋を築きました。

 以後明治2年(1869)11月の解散まで、この地を本拠地としていました。

 陣屋は、堤防を築いた上に、隊士部屋の他、講堂や稽古場、図書館施設などを配し、400人の隊士が規律に従って、訓練が繰り返されました。

 現在も当時の堤防が名残をとどめています。

 所在地  下関市大字吉田諏訪

 交通   JR小月駅からバス14分「東行庵入口」下車、徒歩8分

 問い合わせ 下関市観光振興課 083-231-1350