ナイスビューパーク

DSC_5733.JPG

 県道福浦港金比羅線は、彦島大橋によって下関地区と彦島地区を結んでいます。

 元彦島有料道路料金所すぐそばには、1995年3月22日に完成した、風車がシンボルの公園があり、眼前には響灘(日本海)や六連島が広がり、右手遠方には北浦の山々が望めます。

 風車塔内はらせん階段で3階まで上ることができ、風力発電の仕組みや、風車付近の名所などを説明したパネル、模型などが展示されています。

 公園から眺める沈む夕日の様子はつい見とれてしまうほどです。

 所在地  下関市彦島迫町6丁目1−40

 交通 JR下関駅から車6分

      下関 I.Cから車10分

      マイカー駐車場あり

 問い合わせ 下関観光情報センター  083-231-4141

老の山公園

0417.JPG

 海抜106メートルの老の山は、関門海峡から響灘を一望できることから、明治以降は、沿岸防備のために日本陸軍の砲台陣地として関門要塞の一翼を占めてきましたが、第二次大戦後、平和利用の為に開放されました。

 現在では、頂上を中心とした約20万平方メートルを公園化し、広場でのボール遊び、ハイキングなどいろいろ楽しめ、公園から望む響灘の景色は絶景です。

 桜やツツジが咲く季節はとくにおすすめです。

 所在地  下関市彦島老の山公園1番

 交通   JR下関駅からバス10分「老の山公園口」下車、徒歩10分

      下関 I.Cから車13分

 問い合わせ 下関観光情報センター  083-231-4141

下関漁港閘門(こうもん)

IMG_0139.JPG

 昭和8年(1933)から昭和17年(1942)にかけて下関漁港の修築が行われ、日本海と瀬戸内海の干満差によって発生する激しい潮流を抑え、漁港の安全性を確保するために下関漁港閘門(水門)が大和町と彦島の間に設置され、漁船はこの水門(昭和11年(1936)9月通船式)によって航行し、彦島と下関は徒歩でも行き来できるようになりました。

 昭和57年(1982)12月25日に、船舶が航行するときは水路を横切る路面部分が四隅の柱に沿って高く上昇する昇開式可動橋(水門橋)が完成し、以前は人と自転車だけの通行であった水門が自動車通行も可能な橋となりました。

 下関漁港 閘門(下関市大和町〜彦島本村町)は、平成18年(2006)2月22日水産庁が発表した「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に認定されました。

 所在地  下関市大和町2、同市彦島本村町6

 交通   JR下関駅からバス5分「彦島口」下車、徒歩3分

      JR下関駅からバス9分「水門」下車、徒歩2分

      下関 I.Cから車10分

 問い合わせ 下関観光情報センター  083-231-4141