大賀ハス(土井ヶ浜弥生パーク)

 昭和26年(1951)3月3日から4月6日の34日間、千葉県検見川の東京大学農学部厚生農場内の泥炭層を掘り下げ、3月30日に第一番目の古蓮実一粒、4月6日に二粒の実が発掘されました。

 

 昭和26年(1951)5月に大賀博士宅(東京都府中市、現在は無い)で発芽処理、6月に千葉県農業試験所(現県農林総合研究センター)に移され、そのうち一株が生長しました。

 

IMG_1246.JPG

 翌昭和27年(1952)4月に三個の蓮根が収穫され、東大園芸試験所(現 東大大学院農学生命研究科附属緑地実験所)、千葉市弁天池に分根、東大の蓮根は、地元の伊原茂氏に栽培委託されました。

 

 昭和27年(1952)7月18日に二千年前の一粒のハスの実が発芽、生長し、淡い紅色の大型一重(ひとえ)の花が咲き、世界の人々が感動されました。

 

IMG_1248.JPG

 はじめ、「古代蓮」といわれ、後に、「二千年蓮(別名:大賀バス)」、昭和29年(1954)に千葉県の天然記念物として「検見川の大賀蓮」に指定され、今は千葉県の天然記念物として「検見川の大賀蓮」、略して「大賀蓮」、通称「大賀ハス」と呼ばれています。 

 

IMG_1252.JPG

 大賀ハスは、ひとつぶの古蓮実が、三個の蓮根となり、その後、実や蓮根により、国内外150箇所以上に移植され育てられて、人々は、この花が咲く季節(例年の開花は6月中旬より)を楽しみにしています。

 

 所在地  下関市豊北町神田上891-8

 交通   JR山陰本線 長門二見駅からバス15分「土井ヶ浜」下車、徒歩3分

      下関 I.Cから車で63分

 問い合わせ 土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム 083-788-1841


滝部温泉

IMG_1412.JPG

 小高い丘にある温泉で、地下1000mから湧き出すお湯は、お肌に優しい天然のぬめりで、高台の爽やかな風が温泉の心地よさを一層深いものにしてくれます。

 泉質は、アルカリ性単純泉で神経痛やリウマチ、五十肩などに効能があるといわれ、飲料水としても、美味しく頂けます。

 湯治で訪れる人も多く、湯治専用浴室も準備されています。

 所在地  下関市豊北町滝部220-1

 交通   JR山陰本線 滝部駅から徒歩10分

      小月 I.Cから車で53分

      下関 I.Cから車で62分

 問い合わせ 滝部温泉 083-782-0270

 

 

 

 

 

 

 

豊北歴史民俗資料館

IMG_1411.JPG

 滝部村出身の中山太一氏兄弟から寄贈をうけ、大正13年(1924)3月に完成した旧滝部小学校を、現在は豊北歴史民俗資料館として開放しています。

 ルネッサンス様式の石造建築を木造に引き写した珍しい建物で、ドイツ人の設計といわれ、宮大工の伝統を持つ阿川の棟梁橋本銀之助氏によって建てられました。 

 建物各部は折衷様式ながら、西洋建築の細部をよく理解して用いられてており、大正時代の代表的な木造学校建築として、昭和54年(1979)3月31日山口県の有形文化財に指定されました。

 所在地  下関市豊北町滝部3153-1

 交通   JR山陰本線 滝部駅から徒歩10分

 問い合わせ 豊北歴史民俗資料館 083-782-1661