第1回下関くじら料理コンクール|下関TV

shimonoseki.tv
下関市、歴史と海峡の街の旅の情報サイト、下関TV

skin01.png

kujira001.gifクリックすると拡大します。

第1回くじら料理コンクール応募者募集!!

下関くじら食文化を守る会は、下関伝統のくじら食文化を継承すると共に、ご家庭、学校など幅広く安全で、栄養価の高いくじら食の普及を目指しています。
この度その事業の一環として、家庭料理を中心にした、第1回くじら料理コンクールを開催いたします。
家族が喜ぶ、アイデアたっぷりの美味しいくじら家庭料理をご提案下さい。

●主催
下関くじら食文化を守る会
●共催
下関市・下関観光コンベンション協会
●応募対象
下関市民
●応募作品
くじらを素材とする家庭料理(一人当たり材料費500円程度で)
●一次審査
レシピ提出による、専門委員の書面審査(8月25日必着)。レシピには応募用紙を必ず添付して送付先にお送りください。
●二次審査
一次審査通過者(14~15名、ハガキにて通知)に一人2,000円(2人前)の材料費を支給(当日会場にてお支払いいたします。また鯨肉購入についてのご相談は下関くじら食文化を守る会までどうぞ)、唐戸市場・魚食普及センターにて調理をしてもらい、決勝審査とします。
なお、鍋などの調理用具は下関くじら食文化を守る会で準備しますが、鯨肉・野菜などの料理材料ならびに調味料類は、ご自分でご持参ください。
◎決勝審査日
10月3日(土)午前10時スタート。調理時間約2時間。その後試食審査、14時から表彰式を行います。
◎審査員
和仁皓明(審査委員長・下関くじら食文化を守る会会長)
中尾友昭(下関市長)、林登季子(下関市連合婦人会会長)
中邑房枝(中邑房枝料理教室主宰)、萩原利夫(下関観光コンベンション協会副会長)
谷口真理子(山の田小学校栄養教諭)、大学生1名、高校生1名の8名。
●商品
(最優秀賞)20,000円、(優秀賞)10,000円・2名、特別賞として学生賞(図書券)2名。なお二次審査参加者には全員参加賞(くじら商品)を用意いたします。
●その後
下関くじら食文化を守る会会報“いさな”に掲載、下関クジラフェスティバルなどで発表・提供の予定。
●お問い合わせ
〒750-0093 下関市彦島西山町4丁目13番48号
下関くじら食文化を守る会(担当・古田)
TEL:083-267-0601
FAX:083-267-0601

申込用紙のダウンロードはこちら≫